保守点検の必要性について

整流器、インバータ及び蓄電池で構成される蓄電池設備は、ネットワークシステムや電気機器操作用電源、非常予備電源に使用され、停電時や非常時にもその機能を十分に発揮することが重要な使命で、特に高い信頼性が要求されます。また、化学反応を応用する蓄電池は、その保守管理の良否が性能・寿命に大きな影響をおよぼします。
そこで当社では、装置の耐用年数まで安心してご使用いただくため、専門の技術者による保守点検をお奨めいたします。

保守を怠ると次のようなことが発生する恐れがあります

1.蓄電池に不具合があると・・

  • 非常照明が点灯しない。または、法定基準時間に満たない。
  • 非常用発電機が始動しない。
  • しゃ断機の操作が出来ない。(復旧が遅れる)
  • ネットワークシステムがダウンする。監視装置がダウンする。

2.整流器・インバータの主制御回路部品に不具合があると・・

  • 蓄電池の充電が出来なくなる。(負荷停止)
  • 出力電圧・電流の自動制御が出来なくなる。(負荷障害・蓄電池への悪影響)

3.整流器・インバータのその他制御回路部品に不具合があると・・

  • 状態表示が出来なくなる。(電圧等の計測不能)
  • 故障発生時に警報が発報しない。(故障が発見できない)
  • 保護連動が動作しない。(非常照明が点灯しない・蓄電池過放電)
大きな損害

故障の初期症状を早期発見・早期対応することが性能を維持する上では大切です。
さまざまな部品で構成されている直流電源装置では、多様なケースの不具合を引き起こします。不具合が発生する前に保守点検(2回/年)をお奨めします。
保守点検の内容についてはこちらをご確認ください。

電話によるお問い合わせ
03-5753-1500